医薬品通販サイトの利便性

ブタの貯金箱とお金

医薬品通販サイトとは、海外から医薬品を輸入する手続きを代行してくれる業者が運営している通販サイトで、海外製の医薬品が幅広いジャンルで販売されています。Amazonや楽天とは違い、個人輸入代行や通信販売の資格を有する業者が運営しています。医薬品をネットで買うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

病院で薬を処方してもらう際、必ず処方箋(処方せん)というものが必要になります。処方箋とは、医師が患者さまの病気の治療に必要な薬の種類や量、服用法が記載された書類です。医師の診察を受け、処方箋をもらって初めて薬をもらうことができるのですが、通販サイトでは処方箋なしで薬が買えるので、医師の診察を受ける手間が省けるのです。ただし、医師の判断ではなく自分の判断で薬を服用することになるので、何かあった場合は100%自己責任になります。なお、通販サイトのほとんどは20歳未満の方には販売していないので、未成年の方は必ず病院を受診した上で薬をもらうようにしてください。

病院で薬を処方してもらう場合、薬代のほかに診察代や説明代金などの諸費用がかかるのですが、通販サイトでは基本的に薬代と送料のみで買うことができます(数量が多いと到着時に関税や消費税が掛かってしまうことがあります)。

このように、医薬品通販サイトは病院よりも利便性が高いのです。薬をもらうためだけに毎月時間とお金を病院に費やしている方、そろそろ通販サイトで薬の購入を検討してみてはいかがでしょうか。医薬品を販売する通販サイトはいくつも存在していますが、なかでも「お悩み宅急便」という通販サイトは信頼性が高くリピーターが多いので、初めての方にも安心して利用していただけるでしょう。